お問い合わせ

Twinkle Blog トゥインクルブログ

カビ・藻・苔の悪影響とは? 

date:

2021年6月30日(水)

Category:

ブログ
カビ・藻・苔

ブログの作成者のジェーニャ

著者情報ジェーニャ

ロシア出身 岡山大学大学院卒業
マスコミ業界からトゥインクルワールドへ転職

いつもトゥインクルブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

ご存じのように、湿気が多い場所にはカビ・藻・苔が発生しやすくなります。

建物の何処かでカビ・藻・苔が発生して繁殖すると、

その見た目の印象が悪くなるだけではなく、建物に住んでいる人の健康にも悪影響が与えられます。

では、今回はそれら3つの違いや建物への影響についてお話をさせていただきます。

苔の高圧洗浄 

カビ・藻・苔の中で、カビは一番注意が必要なものです。

なぜかというと、カビは細菌が多く、肺炎やアレルギーを引き起こす恐れがあるからです。

苔や藻は人間へ悪影響を直接に与える要素は少ないですが、

これらを放置すると、カビが生える可能性もあります。

また、カビ・藻・苔が一回繁殖してしまうと、どんどん建物内部に入り込み、劣化を加速させます。

皆様はカビ・苔・藻の違いをご存じですか?

‣カビ

外壁カビ

カビは真菌類で、日光が当たらない湿気の高い場所で生えやすくなります。黒色が多いです。

苔(コケ)

苔(コケ)

蘚苔類のコケは植物で、カビと同様に湿気が高い環境で発生しやすいです。

苔は、薄暗い場所でも日光が多い環境での生えることがあります。緑色です。

‣藻 (モ)

藻 (モ)

地衣類の藻は光合成で栄養を取る植物で、水分がある場所では生えます。色は緑です。


屋根や外壁にはカビや苔などが発生している場合、

建物の防水性が下がっていることが考えられます。それで錆や雨漏りも発生しやすくなります。

カビなどを放置すると、繁殖範囲が拡大し、除去できなくなります。

そのため、建物の耐久性を保つために、定期的なチェックと早めの対応がオススメです。

当社では雨漏り診断士と外壁診断士による建物の診断調査を無料で行っております!

診断の上、お客様のご要望に合った工事のご提案させていただきます。

建物のお困り事があればお気軽にご相談ください。


トゥインクルワールドではSNSも随時更新しております。

最近、TikTokも始めました!是非、下記からチェックしてみて下さい!

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

トゥインクルワールド株式会社


関連記事