お問い合わせ

Twinkle Blog トゥインクルブログ

工事現場から営業マネージャーへ スタッフインタビュー

date:

2021年6月2日(水)

Category:

ブログ
工事現場から営業マネージャーへ

ブログの作成者のジェーニャ

著者情報ジェーニャ

ロシア出身 岡山大学院卒業
マスコミ業界からトゥインクルワールドへ転職

こんにちは、トゥインクルワールド株式会社です!

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

今回、自社のメンバーを紹介したいと思います!

先日、エリア営業部のマネージャーの橋本さんにお話を伺いました。

橋本さんは様々な経歴を持っており、工事現場の職人としての経験があります。

今年、橋本さんはトゥインクルワールドに入社してから丸7年が経ちました。

Q.入社の経緯を教えてくだい。

橋本さん: 若い時は工事現場で土木建築の工事をしていました。父親と一緒に2店舗を運営しながら、

小売りをしており、営業も少しさせてもらいました。しかし、不景気の波に飲み込まれ、

一店舗を閉店することになりました。

その時に50代半ばの父親に就職活動をさせるのは無理だと思い、自分がやめました。

就職活動においては、営業に行くのか、現場の仕事にしていくのかと、

方向性を決めるのに悩んできました。

色々を見ており、ここを受けてみようと思って応募したのはトゥインクルワールドでした。

社長に面接してもらいましたが、その時は社長か誰かも分からなかったまま面接してもらいました。

そこからはスタートです。

Q.仕事内容を教えてください。

橋本さん: もともとは現場スタートで、そこで6年ぐらい働いていました。

一昨年、サービス推進部が立ち上がり、そこに移り、今はエリア営業をしています。

Q.リフォーム業界のおもしろいところは?

橋本さん: リフォーム業界の面白いところは、目に見えて変わりますね。

外から見て「これがこれに変わります」というビフォー・アフターのところがわかりやすいです。

また、お客さんが思い描いている仕上がりをいかに提案できるかというところも面白いです。

Q.コロナ禍での営業活動について教えてください。

橋本さん:  コロナウイルスが出た最初の頃は、

「アポイントをずらして」というお客さんからの声が多かったです。

その時は営業活動を行えずに、営業人がみんな現場に出るというような一年でした。

今みんなはコロナ慣れしましたね。今はコロナであって当たり前のような風潮になってきているので、

営業への弊害はあまりないと思います。それでも気にしている方はもちろんいらっしゃいます。

Q.どんな人に入社してもらいたいですか?

橋本さん: チャレンジ精神がある人の方が頑張れるのではないかと思います。

好きこそ物の上手なれというところが大事です。好きなことに対して夢中になって取り組めますから、

上手になるのが速く、吸収するのが速いというところが大事だと思います。

そして、楽しいことを見つけるのが上手な人は成功すると思います。


トゥインクルワールドでは、営業職、マーケ―ター、デザイナー、

動画クリエイターなどの新しいメンバーを募集しております!

お気軽にご連絡ください。

こちらの採用情報をご確認ください。

こちらからでもご応募いただけます


トゥインクルワールドではSNSも随時更新しております。

最近、TikTokも始めました!是非、下記からチェックしてみて下さい!

トゥインクルワールド株式会社