外装リフォームの必要性

経年劣化を放置すれば、資産価値が下がります。
経年劣化を放置すれば、
資産価値が下がります。

屋根や外壁といった外装は美観を演出するだけでなく、建物自体を保護する役割があります。建材は何年も雨風や紫外線にさらされることで、色褪せたり腐ったりするため、修繕工事を施す必要があります。もしも経年劣化や寿命のサインを見逃してしまうと、建物の安全性が損なわれるほか、事故が発生したら資産価値低下にもつながりかねません。そうした被害を未然に防ぐには、早期の外装リフォームが必要不可欠なのです。

業者選びのポイント

悪徳業者を見極めるには、ポイントを押さえましょう。

外装リフォームが建物の資産価値向上に必要とはいえ、「どの業者も似ていて選び方がわからない…」「どういった業者に頼めばよいのかわからない…」とお困りになるオーナー様は少なくありません。適正な費用相場で高品質な業者を選ぶのなら、下記の点に着目してみましょう。

<現場調査の有無>

電話や営業マンの訪問のみで契約を迫る業者は、見積書がいい加減な上、追加費用を請求される場合があります。

外装リフォームでは、事前の現場調査が基本です。そのため、弊社では現場調査を実施してから見積もりを算出しております。

<直接施工かどうか>

営業会社に依頼すると実際よりも高額な工事予算を伝えられ、下請け業者による劣悪な工事が行われる恐れがあります。

自社施工のトゥインクルワールドでは、支払った金額の大半は工事費に充て、高品質な施工を心掛けております。

<最低限のチェックポイント>

・代表者や職人の顔写真が掲載されている
・資格を持っているなど技術の腕が確かである

<オーダーメイドのプラン作成>

規定プランを設けている業者だと、品質面・費用面に疑問が残るほか、不要な場所まで施工する場合も…。

弊社では建物の状態やご希望に合わせてオーダーメイドでプランを提案しているため、品質・費用ともに安心です。

<外壁塗装のカラーシミュレーションの実施>

仕上がりイメージを作成してくれないため、塗り替えてから事前説明とのギャップに落胆する場合があります。

トゥインクルワールドでは、仕上がりをご想像いただけるように、塗り替えイメージを作成しております。

<明確な説明と見積もり>

ろくな説明がなく、見積書に「○○一式」と施工内容をまとめて記載する業者は、あまり信用できません。

説明が丁寧で見積書も明確だと安心です。弊社では、わかりやすい説明・見積書の作背に努めております。

<工事後のサポートの有無>

「施工したらそれで終わり」という業者だと、工事完了後に不具合があっても何も対応をしてくれません。

アフターサービスがしっかりしている業者にしましょう。弊社は長期保証もあるので、末永い安心をお約束できます。

<地域密着>

あまりにも対応エリアが広範囲だとすぐに来てくれず、柔軟に対応してくれない可能性があります。

地域に根付いている弊社なら、どのような場合も迅速にかけつけるので、安心感・満足度は高めです。

<施工実績>

これまでの施工実績を掲載していない業者だと、工事の品質があまり高くない恐れがあります。

施工件数が豊富で大規模施設も手掛けた実績があれば、施工品質は高いと言えます。その点、弊社は豊富な施工実績を有しています。

<根拠のある価格設定>

安さだけを売りにしている業者は、手を抜いて施工したり追加で請求したりするケースがあり、おすすめできません。

根拠を踏まえ、価格設定の理由を丁寧に説明できる業者がベスト。弊社では、明確な根拠に基づき、価格を算出しております。

<飛び込み営業>

悪徳な業者だと飛び込み営業で不安を煽り、強引に契約に結び付けようとします。

豊富な実績で地域からの信頼もある弊社では、強引な営業は行っておりません。

<安易な値引き>

悪徳業者は最初から見積価格を高めに設定しており、簡単に値引きに応じてくれます。

弊社では現場調査の結果から最適な見積価格を出しており、施工品質を守るためにも安易にお値引きできません。

リフォーム時期の目安となるチェックポイント

外装リフォームが必要な時期かどうかは、自分の目や手、鼻を使ってリフォームすべきか判断することができます。
それぞれ下記に挙げるチェックポイントを目安に、劣化のサインが出ていないか確認してみましょう。

外壁
  • 触れると白い粉が付く
  • ひび割れ
  • コケ・カビ・藻の発生
  • 木部の塗装の剥がれ
  • 外壁の膨れ
  • 外壁塗膜の剥がれ
  • ベランダの防水劣化
  • 雨樋の詰まり
  • 雨樋の欠陥
  • 雨漏りによる天井のシミ
雨漏り
  • 天井やクロスの浮き
  • 天井や壁にシミがある
  • 押入れやクローゼットのカビ
  • シロアリの発生
  • 外壁の変色
  • サッシや窓台に水滴が溜まる
  • カビ臭い
  • 木材の臭いがきつい
  • 床や家のきしむ音がする
  • 屋根裏から雨の音が聞こえる
屋根

<和瓦・セメント瓦・モニエル瓦>

  • 瓦のズレや割れ
  • 瓦の変色
  • 棟の漆喰の破損
  • 築20年以上

<ストレート屋根>

  • 釘の抜け
  • 下地の露出
  • 塗装の剥がれ
  • 変色
  • コケやカビの発生
  • 屋根材のひび割れ
  • 触ると白い粉が付く
  • 波のような浮き
  • 築5年以上

<金属屋根>

  • サビ
  • 塗装の剥がれ
  • 波のような浮き
  • 変色
  • 触ると白い粉が付く
  • 金属音が聞こえる
  • 釘の抜け
  • 築10年以上

見積価格の秘密

基本的に、見積価格は下記の6要素を踏まえて決定されています。適正価格かどうかを判断する際に指標にしてみてください。

使用建材
どのグレードの建材を使用するのかによって、見積価格は変動します。
施工範囲
「屋根だけ」「外装すべて」など、施工範囲によって価格は変わります。
回数
塗装工事の場合だと、塗料を塗る回数が多いほど価格は割高になります。
施工人数
人数の少ない方が人件費を抑えられるため、価格は安くなります。
工期
施工期間が長いほど人件費が発生するため、価格は高くなります。
経費
足場や養生などの下準備の経費を含むのかで見積価格は上下します。

相見積もりのすすめ

複数業者の比較が、業者選び成功の近道です。
複数業者の比較が、業者選び成功の近道です。

施工業者によって、施工内容や見積価格はさまざまです。算出された見積価格が適正かどうか見極めるのなら、1社だけではなく、複数業者に見積もりを出してもらいましょう。

・相見積もりのポイント
A社
塗装工事 一式 00円
塗料 一式 00円
その他工事など 一式 00円
計00円
B社
足場仮設 XX単価 00m2x単価 00円
塗装工事 高圧洗浄 00m2x単価 00円
下地処理 一式x単価 00円
下塗り・上塗り2回 00m2x単価 00円
付帯塗装工事 雨樋 00m2x単価 00円
(縦樋00m軒樋00m)
計00円

同じ施工内容でも、見積書の形式は業者によって違います。A社のような簡易的な見積書が出されたら、金額設定の理由を細かく質問してください。そこで明確な回答がない、あるいは専門用語ばかりを並べるのなら、見積価格をごまかしているかもしれません。相見積もりで金額と内容をよく比較することは、業者選びを成功させる大きなポイントです。

まずはお気軽にお問い合わせください。

トゥインクルワールド株式会社 Twinkleworld

本社
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目9番5号
NLC新大阪ビル8階

外装リフォームのきらめきグループ